お問い合せメール I サイトマップspc    
   
btn1 btn1 btn1 btn1 btn1 btn1 btn1 btn1
   
     
 パンタレイテクノロジー製品紹介 > GC/IR > DiscovIR-GC

問い合わせ・資料請求
アプリケーションノート一覧はこちら


DiscovIR-GC <ガスクロマトグラフ赤外検出器> GC/IR
GC/IRは、ガスクロマトグラフィの分離分析能力と赤外分光法の定性分析能力を兼ね備えた複合装置として開発されました。物質の同定に、より高い信頼性を求められるようになり、質量分析だけに依存しない多角的な検証が必要とされている今、GC-IRの重要性は高まっています。

Spectra Analysis社のDiscovIR-GCは、"Direct-Deposition"方式で固相または凍結相の赤外スペクトルデータを得るため、他のGC用FT-IR検出器の中で最も高い感度を有します。 また赤外スペクトルは分子構造を反映しているので、GC/MSデータを検証する唯一のシステムとして、GC-MSとGC-IRの分析法を補完的に組み合わせることで、より確実な解析結果を得ることができます。

よりuser-friendlyになった構造と、他に類を見ないオンリーワン機能で、様々なアプリケーションに対応できる装置に進化しました。 未知成分の構造解析に、ぜひDiscovIRをお役立てください。

Direct-Deposition方式のGC/IRについて、下記書籍で原理など紹介されています。
  「高分子分析ハンドブック(第4版)」 クロマト/分光法組合せ分析: GC/IR
  「高分子分析入門」 有機分析: ガスクロマトグラフ-赤外分光法
 
   
  GC/IR
アプリケーションノート (pdf)
GC-IRによるブチルベンゼンの分析; 重なったGCピークを識別
GC-IRによる香水の分析
GC-IRによる構造異性体の分析
GC-IRによるエッセンシャルオイルの分析
脂肪酸メチルエステルのGC-IR分析Ⅰ; 鎖長と不飽和度の判定
脂肪酸メチルエステルのGC-IR分析Ⅱ; トランス脂肪酸の識別
GC-IRによるアンフェタミン類の解析
GC-IRによるフェニルエチルアミン類の分析
官能基などを特定して、クロマトグラムのピークを選別する
DiscovIR-GCのキャラクタライゼーション
GC-IRによる爆発性化合物とその異性体の同定
GC-IRによる薬物の法医学的構造解析
GC-IRによるアーモンドエッセンスの分析
GC-IRによる香料製剤の分析
GC-IRによるラベンダーオイルの分析
フレグランスのGC-IR分析
オレンジオイルの分析; GC-MS vs. GC-IR
アドバンスト・ラン機能を使った農薬の分析
絆創膏のGC-IRによる分析
脂肪酸異性体の識別
直鎖炭化水素のGC-IRによる解析
ショートニング中トランス脂肪酸の分析方法
ポリウレタン樹脂の組成解析; 熱分解GC/IR
   
   
arrow アプリケーションノート一覧
   
 
   
  この製品での分析対象例
  ブチルベンゼン・ユージノール・テルピン・官能基・構造異性体・エッセンシャルオイル・精油・ユーカリグロブルス・ユーカリラジアタ・メラルーカアルターニフォリア・脂肪酸メチルエステル・不飽和脂肪酸・ 油脂・トランス脂肪酸・向精神薬・フェンタミン・メタンフェタミン・アンフェタミン類・フェニルエチルアミン類・ジアステレオマー・エフェドリン・偽エフェドリン・アミノ基・ジオキシシクロペンタン環・火薬・爆弾・可塑剤・ポリマー・位置異性体・爆発性化合物・オピオイド鎮痛薬・メタンフェタミン・キラル分子・香料・ベンズアルデヒド・安息香酸・アーモンドエッセンス・バニラ・アーモンド・ペパーミント・香料製剤・・ラベンダーオイル・植物精油・天然成分・オレンジオイル・香気成分・農薬・絆創膏・可塑剤・フタル酸ジブチル・ フタル酸ジブロピル・シス脂肪酸・トランス脂肪酸・アルカン・直鎖炭化水素・植物油脂・不飽和脂肪酸・ トランス脂肪酸・ポリウレタン樹脂・熱分解物・重合物・ポリマー
  詳しくはお問い合わせにて
特徴
sq どのメーカーのガスクロマトグラフ装置でも接続可能  
sq 構造異性体や幾何異性体の識別が可能
  • シス-トランス異性体: FAME異性体   
  • 芳香族位置異性体   
  • ジアステレオマー   
  • 異なる官能基の異性体
sq 混合物に含まれる個々の成分の赤外透過測定に有効
sq 官能基の特定が容易
sq ライブラリ検索・構築が可能
sq アドバンスト・ラン機能搭載 (デポジットしたサンプルが再利用できます。)
  • over-deposit   
  • re-scan   
  • post-run
sq 目的に合わせたクロマトグラム表示
  • Peak Chromatogram   
  • Integrated Chromatogram   
  • Band Chromatogram   
  • Custom Chromatogram   
  • Ratio Chromatogram
sq サンプル・ウィンドウの取り外しが簡単
製品仕様
動作方式 低温真空direct-deposition
赤外検出部 ◆FT-IR: ABB社 FTPA2000-300
◆波数範囲: 4000~700cm-1
◆検出器: 0.1mm MCT検出器
◆サンプル相: 固相
◆スペクトルタイプ: 透過
◆データ収集: リアルタイム、オフライン(post-run re-scan)
◆感度: Eicosane 250pgレベル(アドバンスト・ランで100pg以上)
サンプル・デリバリ部 ◆リストリクタ(不活性fused-silica)
◆温度制御: 室温~300℃
サンプル・デポジション部 ◆温度制御: -100~+50℃
◆トラップ&トラック: ZnSeウィンドウ上
(取外し可能、回転速度・トラック間隔可変)
◆真空排気システム: 拡散ポンプおよびロータリーポンプ
流速 ◆キャリヤガス 0.1~3mL/min.
ソフトウェア ◆Microsoft®  Windows 7®(英語)
◆GramsTMソフトウェア組込みパッケージ
◆カラムブリード、バックグラウンド補正機能
◆サンプルデポジット位置および測定履歴の管理
◆アドバンスト・ラン機能: over-deposit、post-run、re-scan
◆Spectral IDライブラリ検索&構築ソフトウェア
IRライブラリ ◆標準スペクトル・ライブラリ(約10,000スペクトル)
設置に関して ◆環境条件: 室温15~35℃、相対湿度20~85%
DiscovIR本体 ◆サイズ・重量: 43(W)x78(D)x62(H)cm・約55kg
◆電力: 単相100~120 / 220~240 AC、50/60Hz、7 / 4A
ロータリーポンプ ◆サイズ・重量: 16(W)x43(D)x28(H)cm・約18/5kg
◆電力: 単相100~120 / 220~240 AC、50/60Hz、4.4 / 2.2A
ユーティリティ ◆99.9999%以上高純度ヘリウムガス
◆液体窒素
   
製品仕様・外観は、改善のため予告なく変更される事があります。
spc