お問い合せメール I サイトマップspc    
   
btn1 btn1 btn1 btn1 btn1 btn1 btn1 btn1
   
     
 パンタレイテクノロジー製品紹介 > FT-NIR「プロセス用」 TALYS ASP500

問い合わせ・資料請求
アプリケーションノート一覧はこちら





FT-NIR 「プロセス用」 / TALYS ASP500シリーズ               
卓越した精度、再現性、反復性、安定性を誇るABB Bomem社のフーリエ変換近赤外分光計。この技術を従来のプロセス装置の実装に伴う複雑さと負担を最小限に抑える為に最適化いたしました
TALYS ASP500シリーズは、化学工業関連工場のプロセス分析における最新の測定管理情報を提供します。
コンパクト設計により、棚置きや壁掛けでの設置が可能で、内蔵エンベデッドプロセッサが搭載されておりますので、制御PCの接続が不要です。
TALYSは、連続的なプロセス・モニタリングが可能で、加工中の物質の組成や物理特性など反応変化のリアルタイムなモニタリング、また組成の定量など、プロセスの最適化に役立ちます。また、ユーティリティの使用で、キャリブレーションモデル開発用のオフラインスペクトルの取得も実行出来ます。
ABB Bomem社のAIRS QA/QC用ソフトウェア、FTSW100プロセス用ソフトウェアとの連携でスムーズなキャリブレーションの移設が可能です。

TALYS ASP500
一台で、1~3個所のポイントが接続が可能で、測定したいポイントを切り替えて連続的なリモート・モニタリングをします。
検出モジュールに光ファイバーを連結、それぞれプローブやフロースルー液体セルなどの異なるサンプリング・システムと組み合わせて使用できます。
平均寿命20年のダイオードレーザーと寿命が4年以上のNIR光源をベースにした新型計測システムを有し、組み込みソフトウェアで動作しますので、省スペースで設置が可能です。
プロセスエンジニアリング値や設定した各種警告アラームはModbus TCP, OPC又はCanBus通信を可能とするイーサネットポートを通じてプラントITシステム(DCS/ PLC/ コントローラ)に送信出来ます。
波数範囲: 10,500~4,000cm-1
ソリッドステートレーザー
クオーツハロゲン光源
光ファイバー検出モジュール : 3箇所
-接続使用例 <ガソリンプラントでの使用例> -
 
   
  FT-NIR
アプリケーションノート
Dryer Monitor
Final Product Blending for Gasoline and Gasoil
HF Alkylation Process Acid Analyzer
Optimize your Gasoline and Diesel Blender wit Field-proven ABB FT-NIR Technology
   
  アプリケーションノートについては お問い合わせください
   
   
   
arrow アプリケーションノート一覧
   
 
   
  この製品での分析対象例
  Coming soon
  詳しくはお問い合わせにて
製品仕様 / TALYS ASP500
最高分解能
(アンアポダイズ)
◆1.0cm-1
波数の再現性 ◆0.006cm-1 @ 7,300cm-1
波数のリピータビリティ
(反復性)
◆±0.006cm-1
干渉計 ◆ダブルピポッドコンパクト マイケルソン干渉計
◆装置導入後のダイナミック・アライメントが不要
データ・コミュニケーション ◆ModBus TCP (イーサネット, 変換器経由シリアルRS232 / RS485)
◆OPC DA (イーサネット)
◆CAN Open (USBからCANコンバーター経由)
検量線で使用可能な
ファイル形式
◆Horizon MB Quantify
◆PLSPlus
◆PLSIQ
◆Unscrambler
◆Pirouette (PLSPlusでエクスポートされた *.cal ファイル経由)
光ファイバコネクタ ◆SMA 905
法規制認証及び遵守 ◆cTÜVus, CE, CB Scheme (IEC), FCC, レーザー安全性FDA
/IEC/EN 60825-1, RoHS, WEEE
寸法及び重量 ◆37 x 35 x 26 cm (H x W x D) , 20Kg
消費電力 定常運転で100W未満
 
製品仕様・外観は、改善のため予告なく変更される事があります。
spc